2019年10月30日

10月30日の一部

https://twitter.com/KiryeNet/status/1189247889240969217

100+year cold records broken in Australia
ヴィクトリア州のラザーグレンでは日曜日には -2.1℃、
月曜日には -0.9℃まで下がり、10月の平均日最低気温である6℃を遥かに下回った。
記録上(1913年〜)、年の後半で2日続けて朝、氷点下になったのは、これが初めてだ。
https://www.iceagenow.info/100year-cold-records-broken-in-australia/

---

https://twitter.com/KiryeNet/status/1189261622767955969

月曜の朝、 ピーターシンクス(ユタ州)で -37.2℃を観測。10月としては米国本土の最低気温の記録を破った。
“Peter Sinks, Utah broke the Lower-48’s cold temperature record for the month of October on Monday morning with a staggering reading of minus 35 degrees.”
https://twitter.com/Electroversenet/status/1189136649726377984

===
リツイートの一部

posted by @KiryeNet at 23:00| tweet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

10月29日の一部

https://twitter.com/KiryeNet/status/1188885124181422085

【概要8】化石燃料の燃焼は第二次世界大戦の開戦とともに大きく加速したものの、1940年から1977年まで地球の気温は著しく冷え込んだ。その観察結果はCAGW(壊滅的な人為起源地球温暖化)仮説が間違っていることを十分に証明している– 大気中のCO2が増えることで地球の気温は大惨事を招くほど上昇しない


【概要9】例え観測された地球温暖化の全てが大気中のCO2に起因すると仮定した場合であっても、次の2つの研究は大気中のCO2が倍加したとしても気候感度は最大でも約1℃のみだと推定した。危険な #地球温暖化 を引き起こすには余りにも低い。
https://wattsupwiththat.files.wordpress.com/2017/11/2017_christy_mcnider-1.pdf
https://journals.ametsoc.org/doi/10.1175/JCLI-D-17-0667.1

===
リツイートの一部



posted by @KiryeNet at 23:00| tweet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

10月28日の一部



https://twitter.com/KiryeNet/status/1188529476415541248

This year the maximum temperature in Uwajima, Ehime Prefecture is going to be 35.7℃, set August 13.
Since 1922, the annual maximum temperatures in Uwajima have seen cooling trend.
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_s1.php?prec_no=73&block_no=47892&year=2019&month=&day=&view=
~
#地球温暖化? #温暖化? #気候変動 #ClimateChange

---



https://twitter.com/KiryeNet/status/1188675002050039808

The Real Climate Crisis Is Not Global Warming, It Is Cooling, And It May Have Already Started https://wattsupwiththat.com/2019/10/27/the-real-climate-crisis-is-not-global-warming-it-is-cooling-and-it-may-have-already-started/ via @WattsUpWithThat

【概要1】 #地球温暖化 は1990年代半ばに鈍化したため、
気候の脅威論者たちは化石燃料を燃やすことによって大気のCO2を増加せることは荒々しくカオス的な天気を引き起こすと主張した。
その主張も間違いであることを示す十分な証拠がある。https://www.thegwpf.org/content/uploads/2013/11/Khandekar-Extreme-Weather.pdf


【概要2】天気は実際にはカオス的ではなくなった。
https://wattsupwiththat.com/2019/06/08/ross-mckitrick-this-scientist-proved-climate-change-isnt-causing-extreme-weather-so-politicians-attacked/


【概要3】マンのホッケーステック(MBH98 etc.) https://climateaudit.org/2007/11/06/the-wegman-and-north-reports-for-newbies/ 、クライメートゲートの電子メール https://wattsupwiththat.com/2009/11/22/bishop-hills-compendium-of-cru-email-issues/ 、過去の気温データの改訂 https://stevengoddard.files.wordpress.com/2015/01/giss-1981-2002-2014-global.gif 、及び、気候の過激派の乱暴な戦術は詐欺の十分な証拠となっている。


【概要4】● #地球温暖化 / #気候変動 がCO2によってもたらされるという脅威論はニセモノの脅威である確かな証拠

地質時代には大気中のCO2濃度は遥かに高かったが、地球数十億年もの歴史で手に負えない地球温暖化などというものは起こらなかった。


【概要5】地球の気温は地質時代に渡ってずっと暖かく、また、ずっと寒くもあった。

地球は現在、凡そ100,000年もの間大部分がマイルの厚さの氷床に覆われる氷河期にあたるが、過去凡そ10,000年間は間氷期が割って入っている。


【概要6】地球は現在、温暖な間氷期にあるが、凡そ10,000年前に前回の氷期は終わっており、次の氷期を迎えることになっている筈だ。

西暦900-1300年頃の中世温暖期の間、気温はずっと高かった。その後、1300-1850年頃には人類に計り知れない苦痛をもたらし何百万人の死因となった小氷期があった。


【概要7】米国には世界の中でも最も良い表面温度のデータがある。

米国では1940年頃に化石燃料の燃焼が加速したが、それ以前の1930年代に最も暑い表面温度が記録された。


===

リツイートの一部






posted by @KiryeNet at 23:00| tweet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする