2015年05月22日

@KiryeNet 2015/05/22の一部

#CO2 350ppm以下の
【 1913年7月のデスヴァレーで
摂氏52.7℃を超える日が、連続で7日間 】
7月10日は、134F(記録上、北米の最高気温)に達しました。
http://wp.me/pPrQ9-1EX @wordpressdotcom
#地球温暖化 #温暖化


【内容1】CO2濃度、350ppmを下回るハンセンの言う安全な頃に、
デスヴァレー{(カリフォルニア州)}で、華氏127度を超える日が7日間、続きました。
これは、134F{(⁼摂氏56.6℃)}に達した7月10日を含みました。
CO2濃度、350ppmを下回る、デスヴァレーの1913年7月に、127度{=(摂氏 52.7℃)}を超える日が7日間.jpg










【内容2】134F … これまで北米で記録した最高気温です。

❝ その週の平均最高気温は、130Fでした。
その当時、134は、地球上で記録された中で、最高気温でした。
しかし、それから9年後、リビアは、136度に達しました。


【内容3】多くの現代の地点と異なり、
デスヴァレーの観測所は、アスファルト、建物やエアコンの❝ない❞土地を
正しく選定しました。

http://docs.lib.noaa.gov/rescue/mwr/050/mwr-050-01-0010.pdf
{▲『127度{=(摂氏 52.7℃)}を超える日が7日間』のソースはNOAAのpdfの4p}

‐‐‐

【内容25】(3) ∼10μの光子は、大気を通過するフリーパスで地球から出ていき、それらのエネルギーは宇宙へ失われます。
(空気の加熱によって生じた)∼10μの光子は、大気の最上部から出ていき、それらのエネルギーは宇宙へ失われます。
或いは、地球の表面に衝突し、再吸収されます。

【内容26】(空気の加熱によって生じた)∼7μと∼15μも、大気の最上部、または、最下部から出ていきます。
しかし、{その内の}僅かな量が、吸収され、再放射され続けます。
その都度、幾つかが、長波帯の中央の∼10μ部分へ移動します。

【内容27】シンボルの1/2μ、7μ、10μ、及び、15μは、光子エネルギーの量を表し、
昼夜と四季の平均値になります。

勿論、太陽光は半日のみ入ってきます。
そして、赤道付近よりも、少量が、極地の表面付近の各、平方メートルに当たります。

【内容27】地球から放出された熱放射もまた、日中と夜間、季節、
太陽光を遮断する地域別の雲量、地域別のアルベド、
及びその他の要因で、変化します。

グラフィックは、大気の『温室効果』への幾つかの洞察を提供するように作られています。

【内容28】 結論
Conclusions

たとえ、CO2の2倍になった時の気候感度の推定値が、公式の気候チームによって
 過大評価された 最も可能性の高い道であるにせよ、

【内容29】GHGs( 主に、H2Oです。しかし、CO2とその他もあります)が、
大気の『温室効果』と通して、地球を暖める際、重要な役割を果たしていることは、科学的事実です。

これと、このシリーズでの私の前の投稿は、エネルギーの放射の交換だけを記述しています。

【内容30】地球の表面の温度の範囲を制御する他の面は、少なくとも、
重要で、それらは対流( 風、嵐など )、
そして、表面から、大気のより高い層へ、多くのエネルギーを移す降水を含んでいます。

【内容31】私は、上記のグラフィックの菫色と青色の箱を吟味して、
光子と分子が通過するプロセスへの洞察を提供する投稿を今後行うことを予定しています。

〜〜〜
{※ 後少し、読者メッセージが続きますが、割愛します。}

posted by @KiryeNet at 23:59| UHIに触れた1日のtweet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

@KiryeNet 2015/05/20の一部

大都会 vs. 小さい町で、比較することは、主に、意味がありません。
重要なのは、 #温暖化 を作り出す1本のアスファルトの道路だけだからです。
Asphalt Heat Islands http://wp.me/pPrQ9-bjB @wordpressdotcom
#地球温暖化

【内容1】私は、日頃、パンツとTシャツ姿で、
そして、どこでも、自電車に乗ります。
 …だから、私は、温度の変化に気付きます。
 
十分に、明白になったのは、アスファルトの近くの温度が、
空き地よりも非常に高いということです。


【内容2】私は、午前1:30から、フォート・コリンズ(コロラド州)で、
実験を行いました。
満月で、空気は凪いでいます。

私は、温度計(長い間、自転車に固定されたままです)と共に自転車に乗りました。


【内容3】ショッピングセンターの駐車場から0.2マイル未満離れた、
空き地の一帯では、温度が、7F、涼しいことが判明しました。
 
交差点から自転車に乗って去ると直ちに、
温度は、ずっと涼しく感じられました。

これは、限定的な出来事ではありませんでした。
 …穏やかな夜に、私は、明確に、一貫して、それを感じます。
アスファルトのヒートアイランドSG_918-may-05-01-45.jpg























【内容4】#ヒートアイランド に関するハンセンの仮定は、
人口に基づいています。
 
しかし、私は、1つのアスファルトの道路が、
所定の場所に置かれたときに、
効果の大部分が起こると信じています。


【内容5】20世紀の間に主張された温暖化の大部分が、
田園地帯でのアスファルトの道路の出現が原因というのはあり得そうでした。 
 
大都会 vs. 小さい町で、比較することは、主に、意味がありません。
何故なら、重要なのは、温暖化を作り出す1本のアスファルトの道路だけだからです。


【内容6】2,3マイル離れたCSUのキャンパスの温度は、非常に、暖かかったです。
 …公式フォート・コリンズ気象観測所で、57.8度{華氏}。


【内容7】この観測所は、140年間移動しておらず、
その間、多くの #温暖化 を示しています。
 それは、現在、" バスの駐車場のど真ん中に位置 " しています。
 
〜【 アスファルト・ #ヒートアイランド 】〜

‐‐‐
{※ 大気の窓
http://wp.me/p7y4l-95d
の記事紹介の続き}


【内容18】 太陽光のエネルギー In ⁼ 熱エネルギー Out
       Sunlight Energy In = Thermal Energy Out

グラフィックは、大気の『温室効果』のプロセスのアニメーション描写です。
大気の温室効果のプロセスIra Glickstein博士.gif

















【内容19】左側:
(1)太陽光は、大気を通過し、地球の表面へ向かいます。
(2)太陽光の一部は、雲とその他の高アルベドの表面によって反射され、
再び、宇宙へ引き返します。
残りは、地球の表面に吸収され、それを暖めます。
(3)反射された部分は、宇宙へ失われます。

【内容20】右側:
(1)暖められた地球は、大気へ向けて、長波放射を放出します。
一つ目のグラフィックによると、上で述べた通り、
これは、すべての帯域の∼7μ、∼10μ、∼15μの熱エネルギーから成ります。

【内容21】(2)∼10μの部分は、僅かな損失で、大気を通過します。
∼7μの部分は、主にH2Oによって吸収され、
15μの部分は、主にCO2とH2Oによって吸収されます。
吸収された放射は、H2OとCO2の分子を加熱します。

【内容22】そして、高いエネルギー状態で、
それらは、空気、主に窒素(N2)、酸素(O2)、
オゾン(O3)とアルゴン(A)を構成し、
伝導というもので、それらを加熱する他の分子と衝突します。

【内容23】加熱された空気中の分子は、
すべての帯域(∼7μ、∼10μ、∼15μ)で、ランダムな方向に放射します。

∼10μの光子は、どの方向でも、ほとんど妨げられずに、通過します。
幾つかが、宇宙へ、そして、幾つかが、地球へ向かいます。

【内容24】∼7μ と ∼15μの光子は、H2OまたはCO2分子に衝突し、
吸収と再放射のプロセスを繰り返すまで、
或いは、大気から抜け出すか、
地球の表面に至るまで、すべての方向へ放出されます。
posted by @KiryeNet at 23:59| UHIに触れた1日のtweet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする