2015年12月23日

気候変動の衝撃: 化石燃料を燃やすことは '惑星を冷やす'とNASAは述べます。

http://www.express.co.uk/news/uk/628524/Climate-change-shock-Burning-fossil-fuels-COOLs-planet-says-NASA

気候変動の衝撃: 化石燃料を燃やすことは '惑星を冷やす'とNASAは述べます。
〜化石燃料を燃やすことと木を切り倒すことは、地球寒冷化の原因になることが、衝撃的な新しいNASAの研究で明らかになりました〜

2015年12月21日付のDaily Express

NASAが、より多くの木が失われ、より多くの化石燃料が燃やされている激しく工業化した地域が涼しくなったことを発見した後、気温が上昇する原因に関する主要な説に疑いの目が注がれました。

環境保護主義者は、発電所と他の用途のために、化石燃料を燃やすことは、地球温暖化の原因となり、
高濃度の二酸化炭素の産出量(世界的な温室効果の原因となる)のせいで、
気温の上昇が予測されると長い間、主張しました。

その調査結果が、地球温暖化に対する二酸化炭素の影響に異論を差し挟まぬ間に、
彼らはエアロゾル - それもまた、化石燃料を燃やすことで放出される - が、
少なくとも一時的に、実際、局所環境{特定の場所}の気温を下げることを見出しました。

研究は、未来の気温を計算するために、
現在の気候変動モデルが、全ての要因を考慮し、正確だったか、確かめるために行われました。

NASAの広報担当者は述べました:
 "気候変動を数値で表すために、研究者は、過渡的気候応答(TCR) と地球の平衡気候感度 (ECS)を知っておくべきです。
 "両方の値は、異なる時間の尺度で、二倍になった大気中の二酸化炭素濃度に応じて推定された世界の平均地表面温度の変化です。
 "全気候システムが平衡状態に達して、気温が安定した際、ECSがさらに先の世紀を見る間、TCRは最高1世紀の短期間を予測するのが特徴です。"
 
 広報担当者は、例えば、火山噴火や発電所から放出されたエアロゾルが惑星から離れて、
太陽放射を反射することによって、
少なくとも一時的に、地球を冷やすように作用することは、"よく知られている"と述べました。

彼は付け加えました:
 "同様に、北方地域の森林伐採などの土地利用の変化は、反射される太陽光を増やす裸地になります。"

GISSの気候学者で、論文の筆頭著者 ケイト・マーベル(Kate Marvel)は、
その結果が、将来の地球の気温を推定する"複雑さ"を示したと述べました。

彼女は述べました:
 “硫酸塩エアロゾルは、化石燃料を燃やすことによって生み出され、大気を冷やす一因になります。
 “それらは、私たちの大半が住み、汚染物質を排出する北半球に、大体、閉じ込められます。

GISSのNASAの研究者たちは、コンピュータの大規模なアンサンブルシュミレーションを用いた1850年から2005年までの歴史的な観察に基づく、
これらの変数− 温室効果ガス,自然と人為起源のエアロゾル,オゾン濃度,そして土地利用の変化 −のそれぞれの気温への影響を計算することによって、史上初の業績を上げました。

広報担当者は述べました:
 "結果の分析は、これら気候の操縦者が、必ずしも、二酸化炭素(地球上の至る所に均一に広がり、一貫性のある気温の応答を生み出す)のように作用するわけではないことを示しました。
; どちらかと言えば、一つ一つの気候の操縦者は、地球の気温の応答に作用する特定の状況を持っています。
 "以前の調査では、北半球の地域に対する正味の冷却効果と判断される原因の説明がなかったので、TCRとECSの予測は、本来あるべきものより低かったです。
 "研究によれば、これは、二酸化炭素- または、気温の変化に影響を及ぼす二酸化炭素の量 -に対する地球の気候感度が過小評価されたことを意味します。"

以前の研究によって、そのTCRを見込む気候変動に関する政府間パネルは、 1.8°F (1.0°C)の将来の上昇の推定を掲載しています。
しかし、新しいNASAの研究は、昨年、3.0°F (1.7° C)のTCR値を発表したGISSの研究と一致します。

シュミット氏(Schmidt)は、述べました:
“もし、あなたが、規則的な温室効果ガス主導の変化を過小評価しているなら、
温室効果ガスが圧倒的に有力な気候の操縦者であるときに、
将来起ころうとしていることを規則的に過小評価しています。”

〜〜〜
※原文の記事にある写真、及び、その説明はここにはありません。

※上記の内容のTweet
https://twitter.com/KiryeNet/status/679046959194181634

※関連する記事紹介のTweet
https://twitter.com/KiryeNet/status/679381857826279428
posted by @KiryeNet at 20:00| 全文訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

ドイツの教授: NASAは‘信じ難いほど’の規模で、気候データを弄った

http://www.breitbart.com/big-government/2015/11/24/german-professor-nasa-fiddled-climate-data-unbelievable-scale/

ドイツの教授は、英国から米国までの懐疑論者から長らく疑われてきたものを承認しました:
http://notrickszone.com/#sthash.KofdeVxy.Ra439Jqp.dpbs

NASAのゴダード宇宙科学研究所は、
生{未加工/raw}の気温データの記録を改ざんすることによって、
“地球温暖化”を大いに創作しました。

教授:フレードリヒ・カール・エバート博士
( Dr. Friedrich Karl Ewert )は、
引退した地質学者で、データ計算の専門家です。

彼は、1881年へ遡って、
1153の観測点から採取される 全NASA GISSの気温データ・シリーズ を丹念に観察し、一覧表にしました。

彼の結論:

もし、あなたが生{未加工/raw}データを見るならば、
NASAの補正とは対照的に、
1940年以降、惑星が温暖化せずに、
涼しくなっていたことを見出すでしょう。

エバートの調査結果を報じたドイツのジャーナリスト:
ギュンター・エーデラー(Günter Ederer)によると:


一般に公開されているデータから、エバートは信じ難い発見をしました:

2010年-2012年の間に、
1881年以降、測定されたデータは( 特に1950年以降 )、
有意な温暖化を示すように、変更されました。

[…] 2010年のデータと2012年のデータとの比較は、
特に、第二次世界大戦(WWII)以降、
はっきりした温暖化が見えるように、
NASA-GISSがそれ自体のデータセットを変更したことを示します。

オーストラリアは別として、
惑星は、実際には、寒冷化の傾向にありました。

NASAの2010年のデータを用いて、
世界的な地表面温度は、1940年から今日まで、1.110°C 低下し、
2000年以降、0.4223°C 低下しました。[…].

2000年以降、0.6339°C 気温が上昇したオーストラリアを除いて、
気温の低下は、あらゆる大陸で起こりました。

ヨーロッパの数値: 2010年のデータを用いて、
1940年から2010年までに 0.5465°C の気温の低下と、
2000年以降、0.3739°C の気温の低下がありました。

しかし、NASA GISSの活動家の科学者たち
– 当初は、ジェームス・ハンセン James Hansen(上記の写真)、
後に、ギャビン・シュミット Gavin Schmidt によって率いられる – は、
管理している記録が、寒冷化ではなく
継続して、温暖化を示すことを望んだので、
彼らは組織的に、10の異なる手法を用いて、
様々な誤った根拠で、データを調整し始めました。 

最も頻繁に用いられるものは:
・ 初期段階で、年平均を、低下させる。
・ 最初の温暖化段階で、高い値を、低下させる。
・ 2番目の温暖化の段階の間、個々の値を、引き上げる。
・ 1995年に始まっている2番目の寒冷化の段階の隠ぺい。
・ データセットの初期の数十年を短縮する。
・ 長期のデータセットで、最初の世紀さえ短縮した。

エバートの研究結果は、NASAの6,000の気象観測所を調べ、
それらが設置された場所と、
生データがヒートアイランド現象などの影響を反映するよう調整された手法の両方で、
多くの不正行為を見つけた米国の気象学者
ジョゼフ・ダレオ(Joseph D’Aleo )と
アンソニー・ワッツ(Anthony Watts)に、共鳴します。

英国のポール・ホームウッド(Paul Homewood)は、
NASA GISSの実例もあげます。

https://notalotofpeopleknowthat.wordpress.com/2015/11/22/massive-temperature-adjustments-in-brazil-and-guess-in-what-direction/

ここで彼は、
寒冷化傾向が、温暖化傾向になるよう変更された
ブラジルの気温の記録に対して、
彼ら{NASA GISS}が行った調整の衝撃的な規模を示します。

http://media.breitbart.com/media/2015/11/station_thumb8.gif 
未調整の気温の記録: 寒冷化傾向を示す。

http://media.breitbart.com/media/2015/11/station_thumb9.gif
調整された気温の記録:温暖化傾向を示す。

NASAの調整のさらに多くの証拠について、
トニー・ヘラー(Tony Heller)の Real Climate Science の記事
Alterations to Climate Data を確認して下さい。 

http://realclimatescience.com/alterations-to-climate-data/

本当に、これらの人々{※ NOAA,NASAのこういった調整を行う人々についてです}には、
恥がありません。

〜〜〜

上記は、Tweetしたものをまとめました。
https://twitter.com/KiryeNet/status/669613989567926272

また、記事に引用されていた
http://notrickszone.com/

http://notrickszone.com/2015/11/25/climategeology-professor-friedrich-karl-ewert-says-standards-of-science-not-met-by-climate-models/#sthash.ppWmjlzB.QVMxVV9P.dpbs

http://notrickszone.com/2015/11/20/german-professor-examines-nasa-giss-temperature-datasets-finds-they-have-been-massively-altered/#sthash.Q0wemsVI.xXnMNxsX.dpbs
もご覧下さい。
posted by @KiryeNet at 22:13| 全文訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

地球温暖化 SHOCK: 地球の天然の冷却剤は当初考えられたより"2倍"強力である可能性があります。

http://www.express.co.uk/news/world/609497/Climate-change-shock-Earth-s-natural-global-coolant-discovered
{※ 本文は全文訳しましたが、グラフや画像とそのか所の小さい訳は含んでいませんので、元の記事を上記のリンクからご覧下さい。特に一番下のグラフは重要に思われます。そこの箇所の訳は示しました。}

地球温暖化 SHOCK: 地球の天然の冷却剤は当初考えられたより"2倍"強力である可能性があります。


地球温暖化による影響を覆す" 自然 "の寒冷化プロセスは、科学者がこれまで信じていたものより、ほぼ" 2倍 "強力である恐れがあります。

// 1番目の大きな画像
// The research has thrown climate change estimates in doubt

研究は、揮発性有機化合物(VOC)が、海から空気に放出される自然のシステムを特定しました。

地球温暖化が制御不能であるとの広く普及している主張にもかかわらず、
これらのVOCsは、気候が涼しくなる原因になり、
世界の温度が、何故、約15年間、安定した状態を保っているかを明らかにするかも知れません。

ドイツ政府のLeibniz Institute for Tropospheric Researchは、(プランクトンのような生物によって生み出されていると考えられていただけだった)イソプレンとして知られている主要なVOCが、海の一番上で、化学物質に当たる太陽によっても、実際は作られることを発見しました。

測定値は、1.9メガトンのイソプレンが毎年放出されると推定されていましたが、
新しい画期的な発見は、毎年、0.2〜3.5メガトンの増加を示しています。

気候変動の批判者は研究を述べます。 - Environmental Science and Technology 誌で発表されました - throws previous estimates of rising temperatures into doubt.(気温上昇の前の測定値に、疑問を投げかけます。)

その代わりに、彼らは主張します。
どんな人為的なダメージでも、惑星の自然な寒冷化プロセスによって対処されることを示唆します。

Global Warming Policy Foundationの取締役のBenny Peiser博士は、述べました:

“私たちが長年知っていたことのより多くの証拠が此処にあります:
気候モデルは、カオス{(複雑)}系の現実を絶対に反映しません。
– そもそも、それらは決して信用されるべきではありませんでした。"

// 2番目の大きな画像(海の)
// Scientists found isoprene was emitted from non-life forms

報告書は、イソプレンが海で非生存の科学物質から作り出されることを示します。

大気まで上昇した後、これらは雲を作り出すのを助けます。
雲は、温度を低下させます。

LITRは述べました: フランスとドイツの大気化学者は、イソプレンが日光によって海の表面膜で、
生物学的供給源なしでも形成することができ、
現地測定とモデルの間の大きな食い違いを説明することができることを現在示しています。

"従って、新しく確認された光化学反応は、気候モデルを改良するために重要です。"

しかし、(気候変動に対して "緊急で断固たる対応"を求める)気候変動への反対運動のスポークスウーマンは、調査結果に異議を唱えました。

彼女は述べました: "1つの新しい研究から私たちを窮地から抜け出したように思うのは素敵でしょう - その気候変動は起こっていません。

"しかし、それは単に嘘です。

"気候変動が本当で、人間に起因しており、緊急の対応が必要であると結論づけたIPCCの報告書は、
30,000以上の科学的な研究に基づきました。"

// 3番目の大きな画像
// UN meeting last week with Ban Ki-moon, France's Francois Hollande and Peru's Otlanta Humala Tasso

// 4番目(動画)

// 5番目(グラフ)
// The graph reveals that global warming could be part of a natural cycle

// 6番目(海の中の画像)
// Experts previously thought Isoprene was only emitted from living organisms in the sea

発見は、国連が世界的リーダーが課題への新しい世界規模の対応に合意するよう望む、
12月のパリでの国連の気候変動の会談より先に届けられました。

David Cameronが気候変動への対応に、
英国の納税者のお金£60億を出費していることが露見してから、ニュースは届けられました。

他の批判者は、地球温暖化が、人為的な要因と同程度、太陽活動の変化に起因すると主張しました。

// 7番目 文字

// 8番目 グラフ
// A graph showing climate change is related to solar irridiance not CO2
(訳:気候変動を示すグラフは、CO2ではなく、太陽の放射照度と結びついている。)
posted by @KiryeNet at 10:01| Comment(0) | 全文訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする