2019年09月07日

新論文:元NOAAの気候学者とロシアの物理学者たちは温暖化への人間の寄与は0.0°C-0.02°Cであることを見い出す

https://twitter.com/KiryeNet/status/1169632079140667392

https://twitter.com/KiryeNet/status/1169930924345085959

===

以下、NoTricksZoneのNew Papers: Ex-NOAA Climatologist And Russian Physicists Find Human Contribution To Warming 0.0°C-0.02°Cを日本語に訳したものです。

『新論文:元NOAAの気候学者とロシアの物理学者たちは温暖化への人間の寄与は0.0°C-0.02°Cであることを見い出す』

By Kenneth Richard(日本語訳:キリエ@KiryeNet)

最近、科学文献で発表された2篇の論文が、気候変動においてCO2が取るに足りない無視できるほどの役割しかないという着実に蓄積し続けている証拠に加わった。

気象学の修士号と博士号の両方を取得した元NOAAの気候科学者 Dr. Rex J. Flemingは昨年、Environmental Earth SciencesにCO2濃度の変化と地球の気温の間には確認できる因果関係がないことを詳述した論文 (Fleming, 2018)を発表した。

Flemingは20世紀の強い太陽活動(Modern Maximum)が宇宙線の増大を遮蔽した結果、10年スケールの雲量が減り、最近の地球が暖かくなったと理論化した。
10年スケールの雲量の減少が地球表面に吸収された太陽放射の増加による温暖化を招くことはOgurtsov et al., 2012ここにあるように図解され、Avakyan, 2013, McLean, 2014, Herman et al., 2013, Goode and Palle, 2007, Loeb et al., 2018, Pokrovsky, 2019などに詳しく書かれている。


Flemingは現在2018年の論文の拡大版をThe Rise and Fall of the Carbon Dioxide Theory of Climate Changeという題名のSpringer (c) の本に掲載している。

彼は同じ結論で結ぶ: 気候に影響する一連のプロセスにおいてCO2は “何の役割も果たさない”。

The-Rise-and-Fall-of-the-CO2-Theory-of-Climate-Change-Fleming-2019.jpg
















画像のソース:Fleming, 2019


さらに、Atomic and Molecular Radiative Processesに発表された気候感度の論文 (Krainov and Smirnov, 2019)は人間による排出の温暖化への寄与は取るに足りない (0.02 K) ということを見い出している。

物理学者たち(原子物理学者のDr. Vladimir Krainovと1ダースを上回る物理学の教科書の著者であるDr. Boris Smirnov)は化石燃料の燃焼の結果、大気中に二酸化炭素を注入することは温室効果には重要ではないという結論に達した。

Low-Climate-Sensitivity-Krainov-and-Smirnov-2019.jpg











画像のソース: Krainov and Smirnov, 2019
posted by @KiryeNet at 02:00| より重要度の高いTweetなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

極渦の分裂は新しいものでもなければ気候変動に起因するものでもない。



posted by @KiryeNet at 02:03| より重要度の高いTweetなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

気温は8,000年もの間低下している

https://twitter.com/KiryeNet/status/1022998978734903296

===
以下は、Ice Age Now の Temperatures have been FALLING for 8,000 years を日本語に訳しました。
{※}は説明のために加筆しました。

『気温は8,000年もの間低下している』

By Ray Kraft(日本語訳:キリエ@KiryeNet)


短期間の変化や局所的な暑さと寒さはただの天気で余り重要ではない。
重要なのは、数十年、数世紀、数千年、数十億、地質時代の区分にあたる長期間の世界的な傾向だ。 
















<最終氷期の終わりまで遡った気温の変化の記録>


● 気候の唯一の ‘normal’ とは絶え間ない変化だ

特定の日に、一部の地域は常に平均値より暑く、一部の地域はいつも平均値より寒い
(気候の唯一の ‘normal’ とは絶え間ない変化だから、私
{※ Ray Kraft氏のこと}は ‘normal’ という言葉は使わない)。


● 世界の気温の平均値

1880年代: 56.7 F(13.7℃)

1920年代から1980年代: 57.2 F(14℃)

2000年頃から2010年: 58.1 F(14.5℃)

‘暑い’ 気温ではない。

華氏60度(15.6℃)以下になると、ほとんどの人はセーターやジャケットを着だす。

部屋が華氏58度(14.4℃)だったら、あなたは温度を上げるだろう!

長期間ワインを貯蔵するのに適した温度だ。

グラフのソース(赤い矢印は私
{※ Ray Kraft氏のこと}が書き加えた):

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Holocene_Temperature_Variations.png

https://en.wikipedia.org/wiki/File:Ice_Age_Temperature.png
https://en.wikipedia.org/wiki/Global_temperature_record
https://www.currentresults.com/Environment-Facts/changes-in-earth-temperature.php



posted by @KiryeNet at 00:00| より重要度の高いTweetなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする